201201Jan.

民族舞踊(ホロ)

私はブルガリアの民族舞踊が大好きです。結婚式やお祭り、パーティなど人が集まる所ではしばしば輪になって踊りが始まります。ダンスは苦手な私ですが、ホロだけは踊りたくて仕方ありません。何故か心がオープンになり、とにかく楽しいのです。今年も待望のホロコンサートの季節がやってきました。

クルクルパッターンとダイナミックにも軽やかに足が宙を舞い、踊り手の笑顔に引き付けられます。あれだけハードな動きをしながらどうしたらこんな笑顔が保てるのかいつも不思議でなりません。まさに圧巻です。

ブルガリアのホロには5、7、9、11、15拍子といった複雑な拍子があります。かつてホロのレッスンを少し受けていた時、先生が教えてくれました。複雑な拍子は、畑に種を蒔いたり足で土をかける農作業のリズムと密接な関係があるということ。そして手をつないだり、隣同士でベルトを掴んで踊るのは、オスマン帝国の支配から村を守ろうとした民族の歴史に由来していること。

地方によって踊りや衣装、楽器にも特徴があるのは、ブルガリアの歴史と自然が深く関係しているのです。コンサートの最後では「ブラボー!」の歓声鳴り止まず、会場は感動に包まれていました。

SNAP SHOT