ヨーグルトでめぐる世界の食卓

43

多くの国々で愛されているヨーグルト。世界中の人々は、どんな風にヨーグルトを楽しんでいるのでしょう。このコーナーでは、ヨーグルトを使った正統派の料理から、リアルな家庭料理のアレンジまで、さまざまな国の方に取材。
ヨーグルト料理とヨーグルトにまつわるお話を紹介していただきます!

くるみ入りヨーグルトバナナブレッド

第43回目はアルメニア共和国。コーカサス地方の南西部に位置する国で、北にジョージア(旧グルジア)、南にイラン、西はトルコで東にアゼルバイジャンとそれぞれ隣接しています。今回は、首都エレバン出身のアンナさんに、ヨーグルトを使った家庭料理を教わりました。

今回の案内人

アルメニア共和国
アンナさん [Ms. Anna]
Niki’s Kitchen英語料理教室のアルメニア共和国料理講師

旅行やダンスが趣味です。最近は、テニスも楽しんでいます。

来日したきっかけを教えてください。

日本企業の仕事で東京に3カ月滞在することになり、治安の良さや日本の伝統文化、自然が大好きになりました。その後、日本の大学で経済を学ぼうと決意し、東京国際大学で修士課程、立教大学の大学院で博士課程をとりました。卒業後は、海外留学を希望する人を対象としたインターナショナルスクールで英語教師をした後、現在はその学校の副校長をしています。

アルメニアの食文化を教えてください。

アルメニアの国土のほとんどは、標高1000〜3000メートルの高地にあります。年間を通じて雨は少なく、空気が乾燥しています。アルメニア人の主食はパン。例えば、薄焼きの「ラヴァシュ」は、地面に設置された大きな窯の側面で伸ばし、平たく焼いたパン。街中で売っています。肉やチーズなど様々な具材を挟んで食べます。
※ラヴァシュは2014年にユネスコの世界無形文化遺産に登録されました。

アルメニアの主要な乳製品について教えてください。

牛乳やチーズなど、乳製品はアルメニア人の食事に欠かせません。ヨーグルトもよく料理に使います。ヨーグルトは紀元前、アルメニアの高地が発祥、という説もあるんですよ。

アルメニアでは、ヨーグルトはどのように食べられていますか?

料理にたくさん使うため、プレーンヨーグルトは家庭で作ることが多いですね。例えばヨーグルトを使ったスープ、「スパス」。冬はあたたかく、夏は冷やして季節問わず食卓に登場します。スーパーでは、脂肪分の多い濃厚なヨーグルトや脂肪分の少ないローファットヨーグルト、フルーツなどの各種フレーバーがあります。アルメニアではプレーンヨーグルトを「マツーン」、味の付いたヨーグルトを「ヨーグルト」と分けて呼びます。

今回ご紹介していただく「タタボラギ(ラザニアパスタのにんにくヨーグルトソースがけ)」について教えてください。

アルメニアの家庭の夕食に登場する、伝統的な料理です。マカロニや平たい板状のラザニアのようなパスタを茹で、ヨーグルトをベースにしたソースをかけます。

タタボラギ(ラザニアパスタのにんにくヨーグルトソースがけ)

【材料】3~4人分

明治ブルガリアヨーグルト
LB81プレーン

400g

400ml

ローリエ

6枚

ラザニア用のパスタ(マカロニでも代用可)

400g

小さじ4

にんにく

20g

バター

100g

ハーブミックス

お好みの量

step.1

ポットに水を入れ、沸騰させる。

step.2

フライパンに、ローリエ、ラザニア用のパスタ、塩(小さじ2)、1を入れ、フタをして火にかける。

step.3

2が沸騰したら一度フタを開け、パスタを混ぜる。再びフタをして、水がなくなるまでパスタを煮る。

step.4

にんにくをすりおろす。

step.5

4にヨーグルト、塩(小さじ2)を入れ、混ぜる。

step.6

バターを600Wの電子レンジで2分ほど溶けるまで加熱する。

step.7

3と5を混ぜ合わせ、6をかける。

step.8

7に、お好みでハーブミックスをかけ完成。

タタボラギ(ラザニアパスタのにんにくヨーグルトソースがけ)の感想

タタボラギ(ラザニアパスタのにんにくヨーグルトソースがけ)

すり下ろしたニンニクは、塩気のあるヨーグルトソースによく合います。平たいパスタにソースがよくからみ、とてもおいしくいただきました。ヨーグルトをたっぷり使うことができるため、健康を気にしている方にぴったりの料理です。
(by記者)

アンナさん、ありがとうございました!
世界のヨーグルト料理、次回もお楽しみに!

#43

アルメニア共和国 Armenia
首都:エレバン / 通貨:Dram(ドラム) / 言語:アルメニア語