ヨーグルトでめぐる世界の食卓

29

多くの国々で愛されているヨーグルト。世界中の人々は、どんな風にヨーグルトを楽しんでいるのでしょう。このコーナーでは、ヨーグルトを使った正統派の料理から、リアルな家庭料理のアレンジまで、さまざまな国の方に取材。
ヨーグルト料理とヨーグルトにまつわるお話を紹介していただきます!

鶏肉とりんごのヨーグルトサラダ

第29回目は、コロンビア。西は太平洋、北はカリブ海に挟まれ南米大陸の北端に位置する国です。今回は首都・ボゴタ出身のカミラさんに、ヨーグルトを使った料理を教わりました。

今回の案内人

コロンビア
降旗カミラさん[Ms.Kamila Furuhata]
Niki’s Kitchen英語料理教室のコロンビア料理講師

部屋のインテリア雑貨の収集や、絵を描くことが好きです。

来日したきっかけを教えてください。

海外赴任をしていた日本人の夫と知り合い、結婚。ペルーやボリビアなどいくつかの国に住み、日本に来て約30年になります。

コロンビアの気候や食文化を教えてください。

南部に赤道が通り、熱帯に属しています。日本のように四季はありません。平野部は高温多湿の熱帯気候、アンデスの山々がある標高が高い地域は温帯気候で、標高によって気候が違うのもコロンビアの特徴です。私が生まれたボゴタという街は、アンデス山脈の東部、標高約2640mの高地で一日のうちで気温差が14度くらいあり、一日の中に四季があるような感覚です。
コーヒー豆の生産を筆頭に、フルーツや野菜栽培が盛んです。主食はお米、トウモロコシ、ジャガイモなどです。

コロンビアの主要な乳製品について教えてください。

乳製品全般、よく食べます。それはスペインやその他のヨーロッパからの食文化の影響です。特にナチュラルチーズを良く食べますね。例えば、ホットチョコレートを飲むときは、ナチュラルチーズをかじりながら飲むんです。

コロンビアのヨーグルトについて教えてください。

スーパーマーケットには沢山のヨーグルトが売っています。イチゴ、クランベリー、ラズベリーなどベリー系のフレーバーが人気です。また、Kumis(クミス)というドリンクタイプの発酵乳があります。

今回ご紹介していただく「鶏肉とりんごのヨーグルトサラダ」について教えてください。

コロンビアはチキンをよく食べる国なので、鶏肉のレシピが豊富。このサラダは家庭でよく作られているレシピのひとつです。

「鶏肉とりんごのヨーグルトサラダ」の作り方

【材料】6人分

鶏もも肉

500g

長ねぎ

適量

にんにく

適量

コリアンダー

適量

適量

明治ブルガリアヨーグルト
LB81プレーン

大さじ8

りんご

3個

赤パプリカ

1/2カップ

紫玉ねぎ

大さじ2

オリーブオイル

1/4カップ

レモン汁

1/4カップ

パセリ

大さじ1

マスタード

大さじ1

マヨネーズ

大さじ1

こしょう

小さじ1

大さじ1/2

くるみ

1/4カップ

step.1

りんごの皮をむき、芯を取り除いて、1cm×2cm×2cmに切る。

step.2

鶏もも肉を、長ねぎ・にんにく・コリアンダー・塩と一緒に強火で煮る。鶏の味が残るように、水の量は少なめで、鶏もも肉に火が通るまで煮る。

step.3

鶏もも肉が煮えたら取り出して冷まし、手で一口大に割き、更に冷やしておく(残った鶏のスープはいい出汁になるので、捨てずに他の料理で使いましょう!)。

step.4

深いボウルに、1、3、小さく切った赤パプリカ、砕いたくるみ、みじん切りにした紫玉ねぎを入れてよく混ぜる。

step.5

他の深いボウルで、オリーブオイル、レモン汁、みじん切りにしたパセリ、マスタード、マヨネーズ、そしてヨーグルトを入れて、塩とこしょうで味を調え、十分に混ぜる。

step.6

できたソースを4にかけて、よく混ぜ合わせ、少し冷やしてからいただく。

鶏肉とりんごのヨーグルトサラダの感想

鶏肉とりんごのヨーグルトサラダ

鶏肉に野菜や果物がたっぷり入って、食べ応えがあるサラダです。りんごはヨーグルトソースでからめてあるので、フルーツサラダが苦手な人でも違和感なく食べられると思います。クラッカーやパンに乗せて、朝食や休日のブランチにどうぞ!
(by記者)

カミラさん、ありがとうございました!
世界のヨーグルト料理、次回もお楽しみに!

#29

コロンビア Republic of Colombia
首都:ボゴタ / 通貨:コロンビア・ペソ(COP) / 言語:スペイン語