ヨーグルトでめぐる世界の食卓

36

多くの国々で愛されているヨーグルト。世界中の人々は、どんな風にヨーグルトを楽しんでいるのでしょう。このコーナーでは、ヨーグルトを使った正統派の料理から、リアルな家庭料理のアレンジまで、さまざまな国の方に取材。
ヨーグルト料理とヨーグルトにまつわるお話を紹介していただきます!

鶏肉のリエット(リ・エトゥドゥプレ・オヤウルトゥ)

第36回目はフランス共和国。西ヨーロッパに位置する国で、言わずと知れた美食の国です。今回はフランス南西部にある街、トゥールーズ出身のジャックさんに、ヨーグルトを使った家庭料理を教わりました。

今回の案内人

フランス
ジャックさん [Mr. Jack]
Niki’s Kitchen英語料理教室のフランス料理講師

料理、生け花、ガーデニングが好きです。

来日したきっかけを教えてください。

フランスでは柔道や空手クラブ、書道がポピュラーで、子どもの頃から習わせる家庭は少なくありません。日本の文化が好きなフランス人は多く、自分も興味がありました。旅行で日本に訪れ、京都などをめぐりました。それがきっかけで、いつか日本に住んでみたいと思い、15年ほど前に来日しました。

フランス(トゥールーズ)の気候や食文化を教えてください。

出身地のトゥールーズは、東京と気候が似ているように思います。四季があり、夏は暑く、冬は寒い。トゥールーズという街は日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、フランス料理に欠かせないフォアグラが有名なんですよ。鴨や羊などを使った肉料理やソーセージもよく食べます。肉と白ビーンズの煮込み料理「カスレ」も人気です。

フランス(トゥールーズ)の主要な乳製品について教えてください。

ピレネー山脈の山岳地域では、羊や山羊の乳で様々なチーズが作られています。ブルーチーズやカンタルチーズが有名です。

フランス(トゥールーズ)のヨーグルトについて教えてください。

朝食のパンに添えたり、子どものおやつや夕方のデザートとして。スーパーでは飲むタイプのヨーグルトが数多く並んでいます。固形タイプは、ギリシャヨーグルトが人気です。ヨーグルトは料理よりも、お菓子作りに使う方が多いですね。例えば塩気を効かせたソルティケーキなどです。

今回ご紹介していただく「鶏肉のリエット」について教えてください。

フランスでいう食前酒、“アペリティフ”のときにワインと一緒にテーブルに並びます。家で作るおつまみのようなものです。作ってから冷蔵庫で一晩おくと、味がよりしっかり馴染んでおいしくなりますよ。

「鶏肉のリエット」の作り方

【材料】鶏肉のリエット
<生地>

赤玉ねぎ

150g

ピクルス

50g

セロリの葉

8枚

サラダ油

大1

鶏ささみ肉

300g

明治ブルガリアヨーグルト
LB81プレーン

200g

パプリカパウダー

少々

適量

こしょう

適量

フランスパン

適量

step.1

赤玉ねぎ、ピクルス、セロリの葉をみじん切りにする。

step.2

フライパンにサラダ油をひき、鶏肉を入れ、塩・こしょう・パプリカパウダーを入れる。

step.3

2の鶏肉に焼き色がついたら、もう一度、塩・こしょうで味をつける。

step.4

鶏肉が焼けたら、鶏肉をみじん切りにする。

step.5

ボウルに刻んだ鶏肉、1、ヨーグルトを入れ、混ぜる。

step.6

5に、塩を加える。

step.7

時間があれば、冷蔵庫で2~12時間寝かせる。

step.8

パンに付けて完成。

鶏肉のリエットの感想

鶏肉のリエット(リ・エトゥドゥプレ・オヤウルトゥ)

鶏肉に玉ねぎがたっぷり入っているため、シャキシャキとした食感です。ヨーグルトの効果で細かく刻んだ鶏肉がしっとり。バゲットを切って載せるだけで、オシャレな食卓になりそうです。
(by記者)

ジャックさん、ありがとうございました!
世界のヨーグルト料理、次回もお楽しみに!

#36

フランス(トゥールーズ) French(Toulouse)
首都:パリ / 通貨:EUR / 言語:フランス語