ヨーグルトでめぐる世界の食卓

35

多くの国々で愛されているヨーグルト。世界中の人々は、どんな風にヨーグルトを楽しんでいるのでしょう。このコーナーでは、ヨーグルトを使った正統派の料理から、リアルな家庭料理のアレンジまで、さまざまな国の方に取材。
ヨーグルト料理とヨーグルトにまつわるお話を紹介していただきます!

ソースアルム(白いソース)

第35回目はモルドバ共和国。東ヨーロッパに位置し、ルーマニアやウクライナに囲まれています。今回は、東京・亀有でモルドバ料理店を営む倉田ディアナさんに、モルドバの家庭料理を教わりました。

今回の案内人

モルドバ
ディアナさん[Ms. Diana]
Niki’s Kitchen英語料理教室のモルドバ料理講師、モルドバ料理店「ノーロック」店主

お料理を作ることが好きです。

来日したきっかけを教えてください。

社交ダンスの国際大会に出場するため、17年前に日本に訪れました。2回目は旅行で来日。共通の知り合いの紹介で今の夫と会うことになり、結婚をきっかけに、日本に住むことになりました。2013年から亀戸で、夫とモルドバ料理店を営んでいます。

モルドバの気候や食文化を教えてください。

夏は気温が40〜50℃になることもしばしば。でも日本のように湿気はありません。冬はマイナス20℃になることもあり、とても寒いです。モルドバはワイン発祥の国で、5000年前からワインが作られていたと言われています。また、ワインの貯蔵庫は、世界1位でギネスブックにも載っています。農業国で、ジャガイモやニンジン、玉ネギなど野菜が多く作られています。主食はジャガイモです。

モルドバの主要な乳製品について教えてください。

乳製品は豊富で、特にヨーグルトの消費量が多いです。ヨーグルトで作られたサワークリームをスープやパン、肉料理などに使います。今でもヨーグルト、サワークリームは家庭で作られています。

モルドバのヨーグルトについて教えてください。

日本のように朝食やデザートとしても食べます。フルーツ味のヨーグルトは、スーパーに沢山並んでいます。でも大量に使うのはプレーンヨーグルト。プレーンヨーグルトでサワークリームを作り、パンやケーキに付けて食べます。料理にも使います。

今回ご紹介していただく「ソースアルム(白いソース)」について教えてください。

モルドバの家庭でよく作られているソースで、パンに付けて食べます。日本でいう「シチュー」に似ていると思います。

「ソースアルム(白いソース)」の作り方

【材料】直径30㎝のホール
<生地>

鶏のモモ肉

400g

じゃがいも

小サイズ2個

玉ねぎ

1/2個

椎茸

4個

マッシュルーム

2個

明治ブルガリアヨーグルト
LB81プレーン

400g

小麦粉

15g

お湯

30cc

大さじ1

適量

こしょう

適量

step.1

じゃがいもの皮を剥き、じゃがいもを水に約10分さらしてから乱切りにする。

step.2

椎茸・マッシュルームは4等分に切り、玉ねぎはスライスする。

step.3

鶏肉は、細切りにする。

step.4

フライパンに油を入れ熱し、鶏肉を炒め、火が通ったらカットした玉ねぎを入れる。

step.5

4にじゃがいもを入れて炒め、じゃがいもに火が通ったら1/4にカットした椎茸・マッシュルームを入れ、塩、こしょうで味を調える。

step.6

5にブルガリアヨーグルトを入れよく混ぜ、約10分弱火でふたをして食材を柔らかくする。

step.7

お湯に小麦粉を溶き、5に入れ、とろみがついたら完成。

step.8

お好みで、ディルを乗せる。

ソースアルム(白いソース)の感想

ソースアルム(白いソース)

シンプルな材料で、あっと言う間に出来てしまうシチューのようなソース。ヨーグルトの酸味はあまり気にならず、コクを感じます。ご飯にもパンにも合うので、一度覚えると重宝しそう。寒い季節にぴったりのソースです。
(by記者)

ディアナさん、ありがとうございました!
世界のヨーグルト料理、次回もお楽しみに!

#35

モルドバ Moldova
首都:キシニョフ / 通貨:モルドバ・レイ(MDL) / 言語:モルドバ(ルーマニア)