ヨーグルトでめぐる世界の食卓

33

多くの国々で愛されているヨーグルト。世界中の人々は、どんな風にヨーグルトを楽しんでいるのでしょう。このコーナーでは、ヨーグルトを使った正統派の料理から、リアルな家庭料理のアレンジまで、さまざまな国の方に取材。
ヨーグルト料理とヨーグルトにまつわるお話を紹介していただきます!

ヨーグルトのフルーツアイスキャンディー

第33回目は、中国・上海。中国大陸の東部に位置しています。日本と気候が似ていて四季がはっきりしている地域です。今回は上海出身のジョアンさんに、ヨーグルトを使った料理を教えていただきました。

今回の案内人

上海
ジョアンさん[Ms.Joan]
Niki’s Kitchen英語料理教室の中国・上海料理講師

旅行や食べ歩き。骨董品など価値のある古いモノも好きです。

来日したきっかけを教えてください。

80年代に留学で初来日。その後、ニューヨークで主人と出会いました。そして、ニューヨークで5年半、香港で5年半、カフェ事業に携わり、主人の仕事の関係で、2年半前に日本に戻ってきました。

上海の気候や食文化を教えてください。

気候は、四季がはっきりしていて東京に似ています。
上海料理の基本は、揚子江(ようすこう)周辺流域の料理から影響を受けています。特に浙江省(せっこうしょう)、江蘇省(こうそしょう)からの影響が強いです。植民地時代はヨーロッパから影響を受けています。
私が上海に住んでいた幼い頃は、川海老や川魚などをよく食べていました。日本でもよく知られる上海蟹も食卓にあがりました。現在は肉料理よりも川の魚介類の方が高価です。上海料理の味付けは、四川料理のような激辛はなく、あっさりした爽やかな味付けや、醤油ベースの甘辛の味付けが基本と言われています。料理の仕上げは上品で繊細。日本人の口にもよく合う料理だと思います。

上海の主要な乳製品について教えてください。

濃厚な生クリーム「惯奶油」(Guàn nǎiyóu)、濃厚なヨーグルト「酸奶」(Suānnǎi)などは私も青春時代によく食べた、大好きなグルメです。ヨーロッパからの影響による、バターたっぷりのお菓子も数多くあります。

上海のヨーグルトについて教えてください。

濃厚なヨーグルト(日本のギリシャヨーグルトに近い)や、飲むタイプのヨーグルトが多く、スーパーマーケットやコンビニ、カフェなどに並んでいます。フレーバーは、フルーツ入りのヨーグルトが人気です。

今回ご紹介していただく「ヨーグルトのフルーツアイスキャンディー」について教えてください。

コンデンスミルクが入ったヨーグルトアイスです。日本ではコンデンスミルクを使う料理は珍しいかもしれませんが、ほかのアジアの国ではコンデンスミルクはとてもポピュラーです。

「ヨーグルトのフルーツアイスキャンディー」の作り方

【材料】6本分

明治ブルガリアヨーグルト
LB81プレーン

1パック

コンデンスミルク

100g

ママレード

大さじ3

ブルーベリージャム

大さじ3

ミックスベリージャム

大さじ2

step.1

キッチンペーパーや清潔な布巾を敷いた皿にプレーンヨーグルトを流し入れ、30分程置く。

step.2

ボウルにヨーグルト、コンデンスミルク、ママレード、ブルベリージャム、ミックスベリージャムを入れ、混ぜる。

step.3

2を型に流す。

step.4

3を一晩冷凍庫に入れる。

ヨーグルトのフルーツアイスキャンディーの感想

ヨーグルトのフルーツアイスキャンディー

コンデンスミルクのやさしい味とヨーグルトの酸味が上品にマッチ。フルーツはどの家庭にもあるジャムが使えて、作り方も簡単。いろいろな型を使って冷凍庫で固めれば、パーティーでも喜ばれそうです。
(by記者)

ジョアンさん、ありがとうございました!
世界のヨーグルト料理、次回もお楽しみに!

#33

中国(上海) China(Shanghai)
首都:北京 / 通貨:人民元 / 言語:漢語(中国語)