ヨーグルトでめぐる世界の食卓

2 インド

多くの国々で愛されているヨーグルト。世界中の人々は、どんな風にヨーグルトを楽しんでいるのでしょう。このコーナーでは、ヨーグルトを使った正統派の料理から、リアルな家庭料理のアレンジまで、さまざまな国の方に取材。
ヨーグルト料理とヨーグルトにまつわるお話を紹介していただきます!

5回目となる今回は、西インド出身のアルティさんに「ライタ」というヨーグルトサラダを教わります。ライタは野菜やひよこ豆などにプレーンヨーグルトをあえたサラダのこと。暑いときは50度にもなるインドでは、日常的に家庭の食卓に出るそうです。香菜やスパイスなども入れ、インドらしい1品となっています。

今回の案内人

西インド出身
アルティ・カルワルさん[Mrs.Arti Kalwar]

Niki’s Kitchen英語料理教室のインド料理講師。絵を描くことや編み物なども大好きです。

来日したきっかけを教えてください。

夫と一緒に日本にやってきました。夫は私と結婚する前から日本の文化やIT技術、電化製品などに興味があって、ITの勉強や日本語を勉強するために11年くらい前から日本に住んでいました。私と結婚をするために1度インドに戻り、2011年に結婚。夫が日本の旅行会社に就職が決まったため、夫婦で日本に住むことになりました。

日本の食文化に驚いたことはありますか?

これまでインドで生魚(刺身)を食べることはなかったので、日本に来て、ちょっとびっくりしました。回転寿司はユニークですね。ヒンズー教徒なので、牛肉やニンニク、タマネギなども食べられませんが、納豆は好きで家族でよく食べますよ。

インドでは、ヨーグルトは家で作るのですか?

そうですね。日本のように、スーパーマーケットで買うというよりは、家庭でプレーンヨーグルトを作りますね。それはなぜかというと、ヨーグルトを大量に消費するからです。(笑)とにもかくにもヨーグルトが大好きな民族なんです。

インドでは、ヨーグルトはどんなときに食べることが多いですか?

暑い夏によく食べますね。朝・昼・晩、決まりはありません。夏はいつでも食卓にヨーグルトを使った料理があります。料理のほか、ラッシーにして食事の後に飲むことも。

今回、「ライタ」を作っていただきますが、西インドではどのように食べられていますか?

日本のお味噌汁のように、日常的に食卓に出ます。暑い国ですから、夏バテ防止に香菜やスパイスも入れます。特にクミンは欠かせません。実家では辛い青とうがらしを入れて激辛にすることもありますが、日本人には刺激が強すぎるかもしれないですね。(笑)

「トマトとキュウリのライタ(ヨーグルトサラダ)」の作り方

材料(4人分)

ヨーグルト

1カップ

トマト(角切り)

1個分

きゅうり(角切り)

1本分

塩(あればブラックソルト)

大さじ1/4

砂糖

大さじ1/2

クミンシード

大さじ1/4

香菜

お好みで

step.1

step.1

クミンパウダーを用意する。熱したフライパンにクミンシードを入れ、中火で2分ほど煎る。色が変わり、香りが出始めたら火からおろす。

step.2

step.2

①の粗熱がとれたら、すり鉢でする。

step.3

step.3

ボウルにヨーグルトを入れ、よく混ぜておく。

step.4

step.4

③に角切りにしたトマトときゅうり、②のクミンパウダー、塩、砂糖、お好みで香菜を加えよく混ぜる。

トマトとキュウリのライタ
の感想

トマトとキュウリのライタ(ヨーグルトサラダ)

ローストしたクミンシードの香りが香ばしくて、食欲をそそります。お米ともパンとも相性がよく、インドでは両方組み合わせて食べることは珍しくないそうです。ぜひお試しください。

アルティさん、ありがとうございました!
世界のヨーグルト料理、次回もお楽しみに!

#1

インドIndia
首都:ニューデリー / 通貨:ルピー / 言語:連邦公用語はヒンディー語、他に憲法で公認されている州の言語が21