ヨーグルトでめぐる世界の食卓

6 アメリカ合衆国

多くの国々で愛されているヨーグルト。世界中の人々は、どんな風にヨーグルトを楽しんでいるのでしょう。このコーナーでは、ヨーグルトを使った正統派の料理から、リアルな家庭料理のアレンジまで、さまざまな国の方に取材。
ヨーグルト料理とヨーグルトにまつわるお話を紹介していただきます!

第6回目は、アメリカ・ワシントン州シアトル出身のエマ・ザイカーさんのお宅に訪問。アメリカ人がよく朝食に食べるという「オーバーナイト・オーツ」を教わります。日本ではあまり聞き慣れない食べ物ですが、いったいどんなヨーグルトレシピでしょうか。

今回の案内人

アメリカ・ワシントン州シアトル出身
エマ・ザイカーさん[Ms. Emma Ziker]

翻訳会社勤務。大学時代は和太鼓部に所属。現在はピアノが趣味。

来日したきっかけを教えてください。

弁護士の父が昔、仕事の関係でよく日本に訪れていました。その影響もあり、小さいころから日本の漫画やゲームが好きでした。2012年の終わりから日本に来て1年間留学し、その後、大手IT企業に就職。ソーシャルメディア関係の仕事をしていました。現在は翻訳会社に勤めています。

日本の食文化に驚いたことはありますか?

アメリカでは卵を生のまま食べる習慣はないので、最初は驚きました。すき焼きを食べに行ったとき、溶いた生卵に肉をからめて食べている姿を見て、びっくりしたんです。(笑)今は私も食べますよ。

アメリカでは、どんなヨーグルトが手に入りますか?

プレーンヨーグルトよりも、味のついた甘いヨーグルトがたくさんあります。水分を切ったギリシャヨーグルトも多いですよ。

アメリカでは、ヨーグルトはどんなときに食べることが多いですか?

朝食として食べることがほとんどだと思います。アメリカ人は、朝はさっとスピーディに食べられるものを好むので…。(笑)ヨーグルトは簡単に栄養もとれるから、ぴったりなんです。

教えていただく「オーバーナイト・オーツ」は、アメリカではどのように食べられていますか?

主に朝食ですね。日本人は、グラノーラやフルーツに牛乳やヨーグルトをかけて食べることが多いと思いますが、「オーバーナイト・オーツ」では、オートミール(オート麦)をメインに使用します。「一晩、寝かせる(オーバーナイト)」というのが一番のポイント。オートミールは食物繊維やミネラルが豊富なので、健康志向のアメリカ人に人気が高いのです。

「ジャーで食べるオーバーナイト・オーツ」の作り方

材料(1人分)

オートミール

1/3カップ

ヨーグルト

1/3カップ

牛乳

1/3カップ

1つまみ

シナモン

1つまみ

ブルーベリー(冷凍でも可)

1/3カップ

スライスマンゴー(冷凍でも可)

1/3カップ

グラノーラ

大さじ2

step.1

step.1

オートミール、ヨーグルト、牛乳、塩、シナモンを、お好きな容器に入れて混ぜ合わせる。冷凍フルーツを使う場合はここで加える。

step.2

step.2

①の容器にフタ、またはラップをかける。冷蔵庫で一晩寝かせる。

step.3

step.3

②にグラノーラや生のフルーツをトッピングし、出来上がり。食べる直前に混ぜ合わせて召し上がれ!

ジャーで食べるオーバーナイト・オーツの感想

ジャーで食べるオーバーナイト・オーツ

グラノーラやシリアルにヨーグルト、という組み合わせはよく食べていますが、オートミールは初めて。一晩寝かすというのも日本にはない発想で驚きましたが、柔らかくなって味が馴染み、食欲がない朝にぴったり。いろんなフルーツを入れて試してみたいです。

エマさん、ありがとうございました!
世界のヨーグルト料理、次回もお楽しみに!

#6

アメリカ合衆国United States of America
首都:ワシントンD.C. / 通貨:ドル / 言語:英語