ヨーグルトでめぐる世界の食卓

15

多くの国々で愛されているヨーグルト。世界中の人々は、どんな風にヨーグルトを楽しんでいるのでしょう。このコーナーでは、ヨーグルトを使った正統派の料理から、リアルな家庭料理のアレンジまで、さまざまな国の方に取材。
ヨーグルト料理とヨーグルトにまつわるお話を紹介していただきます!

第16回目はモロッコ王国。通称モロッコは、北アフリカの北西部に位置する国です。アフリカやヨーロッパ、アラブの文化が入り交じり、食文化も多彩。今回はモロッコの古都、フェズ出身のアマルさんに、ヨーグルトを使った料理を教わりました。

今回の案内人

モロッコ王国出身
アマル・プルヴェーズさん[Mrs. Amal Prouvèze]

英語料理教室『Niki’s Kitchen』モロッコ料理講師。趣味は手工芸や裁縫。手先を使うことが好きです。

簡単なプロフィールと来日したきっかけを教えてください。

私はモロッコの古都、フェズという町で生まれました。東京やNYのように情報や文化が集まる、モロッコのスタイリッシュな町です。フランス大使館で働いていたとき、フランス人である夫と知り合い結婚。彼は大変な親日家で、長い間、日本への赴任を希望していたんです。2005年、ようやく彼の願いが叶い、日本へ赴任が決定。一緒に来日しました。

モロッコの食文化を教えてください。

パンが主食です。小麦粉ではなく、セモリナ粉を使うパンが多いですね。 タジン料理を毎日食べると言っていいでしょう。肉や魚、野菜をたっぷり入れて煮込む料理です。タジン料理にはスパイスが欠かせません。生姜、サフラン、ターメリック、塩コショウが基本のスパイスです。モロッコにはスパイス専門の店があり、そこではクミンなど24種類から50種類ものスパイスを混ぜた、ミックススパイスも売っているんですよ。

モロッコの主要な乳製品について教えてください。

モロッコは酪農が盛んな国です。日本の牛乳と比べて、モロッコの牛乳は味が濃く感じますね。濃厚です。モロッコでメジャーな乳製品は、「ライビ」という、ミルクとヨーグルトの中間のようなドリンク。ザクロが入ったものが有名で、ほかにマンゴーやアップルフレーバーなどもあります。

「ルブン」というモロッコ独特の発酵乳製品もあります。牛乳から脂肪分を取り除いた液体で、酸味や塩気を感じるような味です。クスクスに混ぜてドリンクとしていただきます。スーパーではチーズ類も売ってますが、最近フランスの文化から入ってきたものです。モロッコではあまり食べた記憶がありません。

モロッコのヨーグルトについて教えてください。

モロッコで「ヨーグルト」と言うと、甘いバニラヨーグルトを指していましたが、最近ではフルーツやシリアルが入ったものなど、様々な種類のヨーグルトがあり、日本よりも種類は豊富です。プレーンヨーグルトは、水切りヨーグルトのような硬めのヨーグルトが主流で、デザートだけでなく、メイン料理にも使われるようになってきました。家庭で作る人もいますが、モロッコには「メルバナ」と呼ばれる乳製品専門店があるので、そこで買う人の方が多いと思います。

今回ご紹介していただく「ハルシャ」について教えてください。

フライパンで焼く簡単なお菓子で、朝食や突然の来客時にも提供することがあります。セモリナ粉を使うため、食感はボソボソしていますが、それが特徴のお菓子なんです。ハチミツやジャム、ヨーグルトをたっぷり付けてお召し上がりください。

「ハルシャ」の作り方

材料(6〜7人分)

デュラムセモリナ粉

500g

ひとつまみ

砂糖

大さじ1

ベーキングパウダー

5g

溶かしバター

150g

ヨーグルト

150g

100cc

オレンジブロッサムウォーター(香り付け)※なくても可…大さじ1

step.1

step.1

ボウルにセモリナ粉、塩、砂糖、ベーキングパウダーを合わせる。

step.2

step.2

1に溶かしバターを加えながら、全体にバターが行き渡るまで混ぜる。

step.3

step.3

2にオレンジブロッサムウォーターを合わせ、5分寝かせる。

step.4

step.4

3にヨーグルト、水を加えて混ぜる。※生地は食感が悪くなってしまうので、捏ねないのがポイント。

step.5

step.5

4の生地を6~7等分にし、丸める。

step.6

step.6

セモリナ粉で打ち粉をした台で、5の生地を1.5cmの厚さになるよう平らにする。

step.7

step.7

フライパンを中火にかけ、6の生地をきつね色になるまで片面ずつ焼き、側面も焼く。

step.8

お好みではちみつとバター等をのせて出来上がり。

ハルシャの感想

バラック・ショルヴァ

丸い形がかわいいハルシャ。アマルさんのご自宅では、香りがいいオレンジブロッサムウォーターが入ったハチミツをたっぷりかけていただきました。外側がカリッと焼けていて香ばしい。片手で手軽に食べられて、腹持ちがいい。子どものおやつにも最適です。(by記者)

アマルさん、ありがとうございました!
世界のヨーグルト料理、次回もお楽しみに!

#15

モロッコ王国Kingdom of Morocco
首都:ラバト / 通貨:モロッコ・ディルハム / 言語:アラビア語(公用語),ベルベル語(公用語),フランス語