もっと知ってほしい!明治ブルガリアヨーグルト
  • 「のむ」 「食べる」ヨーグルト徹底比較
  • ヨーグルトスムージーレシピ

のむヨーグルトと食べるヨーグルト、 どう違うの? のむヨーグルトと食べるヨーグルト、 どう違うの?

明治ブルガリアヨーグルトには食べるタイプの「明治ブルガリアヨーグルトLB81 プレーン」と
飲むタイプの「明治ブルガリアのむヨーグルトLB81 プレーン」があります。
どちらも明治ブルガリアヨーグルトですが「食べる」ヨーグルトと「のむ」ヨーグルトの
違いを比較します。

比較その1:どちらもトクホ! 比較その1:どちらもトクホ!

明治ブルガリアヨーグルトLB81プレーンの、
のむタイプと食べるタイプは
どちらもトクホ。

トクホマーク:消費者庁許可 特定健康保険用食品

腸内細菌のバランスを整えるおなかの調子を良好に保つ

などの効果が得られることが科学的に
証明されています。

日当たりの摂取目安量を召し上がっていただければ、 乳酸菌の数や働きに違いはありません。 乳酸菌の数や働きに違いはありません。

比較その2:成分の違い 比較その2:成分の違い

それでは次に、明治ブルガリアヨーグルトLB81プレー
ンの、のむタイプと食べるタイプの
成分の違いを見ていきましょう。

成分比較 (100gあたり)

  • 明治ブルガリア
    のむヨーグルト LB81
    プレーン 900g
  • 明治ブルガリア
    ヨーグルト LB81
    プレーン 400g
  • 63
  • 熱量(kcal)
  • 62
  • 2.9
  • たんぱく質(g)
  • 3.4
  • 0.5
  • 脂質(g)
  • 3.0
  • 11.8
  • 炭水化物(g)
  • 5.3
  • 0.09
  • 食塩相当量(g)
  • 0.13
  • 109
  • カルシウム(mg)
  • 109
脂質や炭水化物、 食塩相当量には差があるものの、 気になるカロリーやカルシウムには大きな差はありません。 気になるカロリーやカルシウムには大きな差はありません。

比較その3:製造工程 比較その3:製造工程

明治ブルガリアのむヨーグルトLB81プレーンは、
固まったヨーグルトを
撹拌して柔らかくし、
液状にしています。
どのタイミングで撹拌するのか、 その工程を
見ていきましょう。

明治ブルガリアのむヨーグルトLB81プレーンは、
タンク内で発酵させた後、
容器に充てんする「前発酵」という方法で作られています。
撹拌するのはこの発酵後のタイミングです。
明治ブルガリアヨーグルトLB81プレーン、
食べるタイプは「後発酵」と呼ばれる、
容器に充てんしてから発酵させる方法で
作られています。
製造工程は違いますが、
同じLB81乳酸菌が使われているため、
のむタイプの方が乳酸菌の働きが弱いという事はありません。 のむタイプの方が乳酸菌の働きが弱いという事はありません。