ヨーグルトでめぐる世界の食卓

17

多くの国々で愛されているヨーグルト。世界中の人々は、どんな風にヨーグルトを楽しんでいるのでしょう。このコーナーでは、ヨーグルトを使った正統派の料理から、リアルな家庭料理のアレンジまで、さまざまな国の方に取材。
ヨーグルト料理とヨーグルトにまつわるお話を紹介していただきます!

第17回目はドイツ連邦共和国。四方をオランダやベルギー、フランス、スイス、オーストリア、チェコ、ポーランドと沢山の国に囲まれた、ヨーロッパ中西部の国です。今月は、北ドイツ出身のカタリーナ・堀井さんにヨーグルトを使った料理を教わります。

今回の案内人

ドイツ連邦共和国
カタリーナ・堀井さん[Mrs. Katharina Horii]

元パティシエ。お菓子作りや旅行が好きです。

簡単なプロフィールと来日したきっかけを教えてください。

2009年頃にワーキングホリデーがきっかけで初来日しました。二回目に来日したときに今の主人と出会い、日本に住むことに。今年で8年目です。

ドイツの食文化を教えてください。

私が生まれ育ったのは、北ドイツのビーレフェルトという町です。日本の東北地方のような気候と思っていいでしょう。寒い地域では作物があまり育たないため、保存食が発達しています。例えば、暖かい時期に果物をまとめてジャムにしたり、野菜や果物の缶詰や瓶詰をスーパーでまとめ買いして地下に保存しておきます。ドイツでは地下などに貯蔵スペースを持つ家庭が一般的です。

ドイツの主要な乳製品について教えてください。

ドイツは牛乳の生産量がヨーロッパ諸国の中でも多く、乳製品は毎日の食卓に欠かせません。牛乳はローファットのものや、スキムミルクをドリンクにしたもので常温保存の「ロングラスティング牛乳」などもスーパーで手に入ります。チーズはヨーロッパ諸国から多く集まるため、沢山の種類があります。夜にワインのおつまみに出るほか、「セカンドブレックファースト」のときにフレッシュチーズを食べることも。ドイツでは、朝起きたら軽く食べて、10時ごろに2回目の朝食をとる習慣があるんです。

ドイツのヨーグルトについて教えてください。

スーパーマーケットで安く売っているので、手作りをするよりも買うことが多いです。プレーンのほか、果物やナッツ、シリアルが混ぜてあるヨーグルトがあります。サワーチェリーやヘーゼルナッツ入りのヨーグルトは特に人気のフレーバーです。ヨーグルトは日本と同じように、朝食のほかデザートとして食べることが多いです。また、ドリンクでは乳清からできた飲み物「モルケ」や「バターミルク」という酸味のある飲むヨーグルトのような味のドリンクも人気です。

今回ご紹介していただく「ケーゼクーヘン」について教えてください。

ドイツの伝統的な家庭菓子です。ドイツでは昼食と夕食の間に、「コーヒーとケーキの時間」を持つ家族が多く、私も母親によく作ってもらいました。ドイツでは「クワーク」というヨーグルトに似た乳製品を使用しますが、クワークは日本でなかなか手に入らないため、私が日本で作るときは水切りヨーグルトを代用しています。

「ケーゼクーヘン」の作り方

材料(1台分)

ケーキ生地

小麦粉

200g

ひとつまみ

バニラビーンズ(バニラエッセンス)

少量

レモン皮(レモンジュース)

少量

1個

砂糖

60g

バター

100g

フィリング(ケーキの具材)

卵黄

3個分

砂糖

100g

バニラビーンズ(バニラエッセンス)

少量

バター

100g

水切りヨーグルト

500g

コーンスターチ

25g

卵白

3個分

ひとつまみ

step.1

step.1

オーブンは180℃で予熱しておく。コーンスターチはふるっておく。

step.2

step.2

ケーキ生地を作る。ボウルにケーキ生地の材料を全て入れる。レモン皮はおろし器で好みの量すり入れる。

step.3

step.3

泡立て器ですばやく混ぜたらひとつにまとめ、冷蔵庫で30分冷やす。

step.4

step.4

フィリングを作る。卵黄、砂糖、バニラビーンズを一緒に混ぜ、更に水切りしたヨーグルトを加えてなじむまで混ぜる。

step.5

step.5

バターを鍋で温めて溶かし、4に加えて混ぜる。

step.6

step.6

別のボウルに卵白と塩を加えて十分に角が立つまで泡立てる。

step.7

step.7

1のコーンスターチと6を、2~3回に分けて交互に5に入れながら混ぜる。

step.8

step.8

3を冷蔵庫から出し、小麦粉を振りながら伸ばし、ケーキ型の側面と底を覆うように生地を伸ばしながらつけていく。フォークで生地に所々穴をあける。

step.9

step.9

フィリングをケーキ生地の上に広げて予熱しておいたオーブンで50~60分焼く。焼けたらオーブンから取り出し、少し冷ます。

ケーゼクーヘンの感想

ケーゼクーヘン

見た目はチーズケーキですが、食感はフワフワしたスフレのよう。甘さ控えめでヨーグルトとすり下ろしレモンピールの爽やかな酸味が口の中いっぱいに広がります。冷蔵庫で冷やして、真夏のおやつにいかがでしょうか。(by記者)

カタリーナさん、ありがとうございました!
世界のヨーグルト料理、次回もお楽しみに!

#17

ドイツ連邦共和国Federal Republic of Germany
首都:ベルリン / 通貨:ユーロ / 言語:ドイツ語