ヨーグルトでめぐる世界の食卓

14 マレーシア

多くの国々で愛されているヨーグルト。世界中の人々は、どんな風にヨーグルトを楽しんでいるのでしょう。このコーナーでは、ヨーグルトを使った正統派の料理から、リアルな家庭料理のアレンジまで、さまざまな国の方に取材。
ヨーグルト料理とヨーグルトにまつわるお話を紹介していただきます!

第14回目はマレーシア。ASEAN(東南アジア諸国連合)のひとつで、タイやシンガポール、インドネシア、ブルネイと国境を接している国です。マレーシアは赤道に近く、1年を通じて熱帯雨林気候に属しています。今回は、マレーシア料理店「マレーカンポン」の店主、チャーさんにヨーグルト料理を教わります。

今回の案内人

マレーシア出身
チャーさん[Mr.Char]

マレーシア料理店『マレーカンポン』店主

日本でマレーシア料理店をオープンしたきっかけを教えてください。

クアラルンプールの日本語学校で学び、その後、日本の大学に2年間、留学しました。日本が気に入り日本で働きたいと思ったので、居酒屋やそば屋、和食店などで修行したのち、自分の店をオープンしました。2010年のことです。

マレーシアの食文化を教えてください。

マレーシアは多民族国家で、人口構成はマレー系を筆頭に、中華系、インド系の3つに分類されます。主食は同じお米ですが、食文化はそれぞれ異なります。
マレーシア人は食事が大好きで、1日5~6回に分けて食べるんです。朝は6~7時くらいに1回、10時にお菓子などを食べて、12~1時くらいに昼食、3時~4時、そして夕方6時〜7時、最後に9〜11時の間……という具合です。1回1回のボリュームは少ないですが、最後のメインの夕食はたくさん食べます。マレーシア人の楽しみは食べること!(笑)「お元気ですか?」の代わりに、「ご飯は食べましたか?」が挨拶なんですよ。

マレーシアの主要な乳製品について教えてください。

牛乳や粉ミルク、チーズがあります。主にオーストラリアやニュージーランドから輸入されています。以前、牛乳は贅沢品だったので、豆乳の方がよく飲まれていました。今も豆乳の方が主流です。ココナッツミルクも、料理によく使います。

マレーシアのヨーグルトについて教えてください。

私が小さい頃は、ヨーグルトはなかったですね。マレーシアでよく見かけるようになったのは、20年ほど前からです。日本の大手スーパーなどが進出してきたので、手に入るようになりました。
商品は日本のスーパーで陳列されているものとあまり変わりませんが、プレーンヨーグルトはほとんどなく、フルーツ入りが9割です。整腸作用を期待し、健康に良いデザートとして食べる方が多いです。

今回ご紹介していただく「ボボチャチャ」について教えてください。

マレーシアではポピュラーなデザートです。タピオカを入れた甘いココナッツミルクの中に、サツマイモやカボチャ、豆などが入っています。温かいもの、冷たいもの、両方あります。朝食やおやつとして食べることが多いです。

「ボボチャチャ」の作り方

材料(8人分)

さつまいも

1本(300gほど)

かぼちゃ

200g

里芋

200g

ミックスビーンズ

250g

タピオカ

乾燥量15gほど

ココナッツミルク

500ml

砂糖

180g

ヨーグルト

100g

パンダンリーフ

3枚 ※なくても可

step.1

step.1

さつまいも、かぼちゃ、里芋を食べやすい大きさに切り、固めに茹でておく。

step.2

step.2

タピオカは15分ほど水につけ、20分ほど茹でたら水で冷やし、ザルにあげておく。

step.3

水(1000ml)を沸騰させ、もしあればパンダンリーフを入れ、20分弱火で煮出す。

step.4

3にココナッツミルク、砂糖を入れて沸騰させる。

step.5

step.5

4に茹でたさつまいも、かぼちゃ、里芋を入れて10分ほど弱火で煮込む。

step.6

step.6

5にヨーグルト、ミックスビーンズを入れて混ぜる。器に盛り付け、タピオカを上にのせて完成!

ボボチャチャの感想

ボボチャチャ

今回はヨーグルトが入っているので、一般的なボボチャチャよりも甘みが抑えられ、ほどよい酸味を感じます。これからの気温が高くなる季節に、冷やして朝食として食べたいなと思いました。イモ類が入っているので、お腹にたまります。繊維質も多く、ダイエット効果もありそうです。(by記者)

チャーさん、ありがとうございました!
世界のヨーグルト料理、次回もお楽しみに!

#14

マレーシアMalaysia
首都:クアラルンプール / 通貨:リンギット / 言語:マレー語、中国語、タミール語、英語