ヨーグルトでめぐる世界の食卓

10 フィンランド共和国

多くの国々で愛されているヨーグルト。世界中の人々は、どんな風にヨーグルトを楽しんでいるのでしょう。このコーナーでは、ヨーグルトを使った正統派の料理から、リアルな家庭料理のアレンジまで、さまざまな国の方に取材。
ヨーグルト料理とヨーグルトにまつわるお話を紹介していただきます!

第10回目はフィンランド共和国です。大自然に囲まれた北欧諸国のひとつ、フィンランド。今回は国内のインターネットサービス企業で働くヨハンナさんに、日本人も大好きな〝サーモン〟を使った料理を教えていただきます。

今回の案内人

フィンランド共和国出身
ヨハンナさん

楽天レシピマーケティング担当。趣味は音楽と料理。

来日したきっかけを教えてください。

日本に興味があり、フィンランドの大学に在学中に、交換留学制度を使って2008年に来日したのが最初のきっかけです。1年間在学してフィンランドに戻りましたが、将来日本で働きたいという気持ちが強くなり、修士課程修了後に来日して日本で就職しました。現在は、『楽天レシピ』というレシピ検索サイトのマーケティングを担当しています。

日本の食文化に驚いたことはありますか?

あんこですね。甘くした豆はフィンランドでは食べないので。それから和食に出てくる、砂糖を使った甘辛い味付けです。今は慣れましたけどね。フィンランドの料理の味付けは、塩・こしょう・ハーブという感じで全体的に薄味なんです。

フィンランドでは、どんなヨーグルトが手に入りますか?

プレーンヨーグルトも売っていますが、甘いフレーバーが多いかもしれません。どちらも1Lの牛乳パックに入った状態で、沢山売られていますよ。種類も豊富で、大手乳業メーカーでは、ヨーグルトだけで100種類以上もの商品がある程です。ヨーグルト以外にも、viiliという“伸びる”乳製品や、rahkaという脂肪がほとんどなくお菓子作りによく使われる乳製品など、フィンランドは乳製品が豊富なんです。

フィンランドでは、ヨーグルトはどんなときに食べるのでしょうか?

朝食では、ヨーグルトにベリーやジャムを混ぜて食べますね。朝だけに限らず、食後でもビルベリー(北欧の森で実る野生のベリーでブルーベリーのようなもの)やラズベリーなどを乗せて、デザート感覚で食べることもあります。また、料理に使う場合は、kermaviiliというヨーグルトより濃厚な乳製品を使うのが一般的です。舌触りはパンナコッタに似ています。

今回、「サーモンのオーブン焼きとヨーグルトタルタルソース」を作っていただきますが、フィンランドではどのように食べられていますか?

フィンランドでは、学校の給食や学食のメニューにもあります。家庭で作る場合は、ほぼディナーですね。フィンランドは共働きの家庭が多いので、手早く美味しく作ることができるこの料理は、人気が高いのです。

「サーモンのオーブン焼きとヨーグルトタルタルソース」の作り方

材料(2人分)

生サーモン

2切

少々

黒こしょう

少々

ピンクペッパー

4~5粒

レモン

輪切り2切

ディル

飾り用に少々

ヨーグルトタルタルソース

水切りヨーグルト

大さじ3~4

ディル

1/2~1パック

ピクルス

1本

マヨネーズ

小さじ2

マスタード

小さじ1/2

お好みで

step.1

step.1

サーモンに塩をまぶし、5~10分おく。水気をしっかりとふく。

step.2

step.2

天板にクッキングシートをしき、①のサーモンをのせ、黒こしょうをまぶす。さらにピンクペッパーを砕きながらまぶし、180℃に予熱したオーブンで10分ほど焼く。

step.3

step.3

ヨーグルトタルタルソースを作る。ディルは葉の部分をみじん切りに、ピクルスもみじん切りにする。ソースの材料を全て混ぜる。

step.4

step.4

皿に盛り付ける。ヨーグルトタルタルソースを敷いたところに、サーモンをのせ、レモンとディルを飾れば完成! (※今回はマッシュポテトも添えてみました。)

サーモンのオーブン焼きとヨーグルトタルタルソースの感想

サーモンのオーブン焼きとヨーグルトタルタルソース

日本人にとっても、昔から馴染みが深い食材であるサーモン。近年、アンチエイジング効果が期待できると言われ、人気が再燃していますね。ふっくらと焼き上がったサーモンに、ヨーグルトを使ったさっぱりとしたタルタルソース。油を使っていないので、とてもヘルシー。ご飯にもパンにも合うレシピです。(by記者)

ヨハンナさん、ありがとうございました!
世界のヨーグルト料理、次回もお楽しみに!

#10

フィンランド共和国Republic of Finland
首都:ヘルシンキ / 通貨:ユーロ / 言語:フィンランド語、スウェーデン語