ヨーグルトでめぐる世界の食卓

1 日本

多くの国々で愛されているヨーグルト。世界中の人々は、どんな風にヨーグルトを楽しんでいるのでしょう。このコーナーでは、ヨーグルトを使った正統派の料理から、リアルな家庭料理のアレンジまで、さまざまな国の方に取材。
ヨーグルト料理とヨーグルトにまつわるお話を紹介していただきます!

エスプレッソカレーのヨーグルトソースかけ

今月からはじまる『ヨーグルトでめぐる世界の食卓』。記念すべきこのコーナーのトップを飾る国は、我が国日本。
日本ではヨーグルトを朝食やデザートの一品として食べられることが多いですが、実は料理にも使える万能食材です。日本の家庭では、ヨーグルトをどのように料理にアレンジしているのでしょうか。
今回、取材にご協力いただいたのは、フリーライターとして活動する吉田明乎さん。ご紹介いただけるヨーグルト料理は、今や国民食となった「カレーライス」。
各家庭にオリジナルレシピが存在すると思いますが、吉田さんからは、「エスプレッソカレーのヨーグルトソースがけ」というひとひねり加えた大人のカレーをご紹介いただきます。

今回の案内人

東京都 吉田明乎さん[Akiko Yoshida]

茨城県出身。フリーランス編集者&ライター。
ミネラルウォーターからコーヒー・紅茶・緑茶・日本酒・ワインまで、飲み物を研究、探求することが好き。

普段ヨーグルトは召し上がりますか?

日ごろからよく食べています。料理にも使うので生活に欠かせない存在です。

吉田さんには今回、ヨーグルトソースをかけたカレーをご紹介いただきますが、料理好きなのだとか?

はい。この材料を使うとどうなるかなとか、あれこれ想像力を働かせてアレンジするのが好きです。原稿を書いていて集中が切れたときや企画が煮詰まったときは、料理をしたりお茶を淹れたりして、よく気分転換をしていますよ。

まずは“エスプレッソカレー”について伺います。カレーにエスプレッソを入れるとは、めずらしいですね。きっかけは何ですか?

もともとコーヒー好きで、家では自分でドリップコーヒーやエスプレッソを淹れて飲んでいます。
ある日、カレーのコクを出すために、インスタントコーヒーの粉を入れると良いということを耳にしたのですが、「エスプレッソを入れたらもっと美味しくなるかも?」と思い、トライしたのがきっかけですね。

ヨーグルトソースをかけたきっかけは?

もう少し味に丸みをつけたいな…と思ったのがきっかけです。ヨーグルトを加えることで、味がまろやかになり、「これだ!」と思いました。見た目もアクセントになります。

「エスプレッソカレーのヨーグルトソースかけ」の作り方

材料(2人分)

牛肉

100g

赤ワイン

適量

300ml

たまねぎ

1個

じゃがいも

1個

にんじん

1/4個

市販のカレールー

3片(量はお好みで)

エスプレッソ

大さじ1〜2杯

※エスプレッソマシーンがない場合は
インスタントコーヒーでも可

ごはん(大麦入り)

適量

ヨーグルト(無糖)

適量

step.1

step.1

無糖のヨーグルトを適量よくかき混ぜ、なめらかにしておく。

step.2

肉は食べやすい大きさに切り、赤ワインを入れた水で蒸してやわらかくする。

step.3

たまねぎ、じゃがいも、にんじんを食べやすいサイズに切り、フライパンでたまねぎから炒める。たまねぎがとろとろのあめ色になったら、他の野菜、②の肉を合せる。

step.4

鍋に適量の水と炒めた具材を入れて中火で煮る。具材に火が通ったら、火を止めてカレールーを入れて溶かす。

step.5

step.5

直火式のエスプレッソメーカー(マキネッタ)でエスプレッソを淹れる。

step.6

step.6

エスプレッソを大さじ1~2杯、味をみながら鍋に入れてかき混ぜ、コクを出す。ひと煮立ちさせたら、火を止める。

step.7

step.7

カレーをお皿に盛ったら、①のヨーグルトソースをかけて出来上がり!

エスプレッソカレーの
ヨーグルトソースがけの感想

エスプレッソカレーのヨーグルトソースかけ

エスプレッソを入れる前と後の、味の深みの違いに驚きました。大さじ1~2杯でも十分にその違いが感じられます。
仕上げのヨーグルトソースと一緒にいただくと、まろやかさが増して食べ応えもアップ!とても美味しくいただきました。吉田さん、ごちそうさまでした。
(by記者)

そのほかにも、ヨーグルトを料理に使うことはありますか?

サラダドレッシングは、ヨーグルトを混ぜて作っています。ヨーグルトドレッシングの作り方はとっても簡単で、ヨーグルトとマヨネーズを2:1で混ぜただけ。ポイントは必ずヨーグルトの“ホエイ”も一緒に入れること。水分が多くなるので野菜にからみやすくなります。カロリーも抑えられてヘルシーです!

吉田さん、ありがとうございました。
次は、どの国出身の方のキッチンにお邪魔しましょうか。次回もお楽しみに!

#1

日本 Japan
首都:東京 / 通貨:円 / 言語:日本語